トレカ印刷初心者の方もこれで大丈夫

トレカ印刷は、自分でおこなうこともできます。トレカの画像は、パソコンで作成し、データの状態にしておきます。あとは、自宅プリンターを使用してのトレカ印刷です。無地カードに直接印刷するという方法もありますし、ラベル用紙を使い、そこに印刷してからあとで切り抜き、無地カードに貼り付けるという方法もあります。無地カードを自宅プリンターで扱うのは非常に難しいため、A4サイズでミシン目のない名刺カード用紙に印刷するという方法も考えられるでしょう。このように、トレカ印刷を自身でおこなえないことはありませんが、プロに依頼したほうが無難ではあります。仕上がりも市販品と同じになりますし、費用もかえって安くつく場合が多いです。現在は、通販形式で依頼できます。

トレカ印刷はプロに任せるのが無難

オリジナルトレカをつくりたいと考える人は、少なくありません。自作もできますが、仕上がりはかなり見劣りしますし、製作費用もかなりのものとなります。もともとプリンターがあれば、まだ費用は安く済むものの、結局インク代が相当かかるため、プロに依頼したほうが安く済むことも多いです。プリンターを購入してまで自作するのは考えものでしょう。印刷会社に依頼したほうが、コストパフォーマンスが断然いいからです。仕上がりを重視する場合は、考える余地はありません。しかし、自作する過程を楽しめる場合は、費用や手間暇の問題ではなくなるので、自身で材料や機器をそろえ、つくり上げるのもひとつの方法です。現在は、数枚から注文できる印刷通販会社もありますので、作成過程を楽しむわけでない場合は、プロに任せるのが得策です。

数枚のトレカでも引き受ける印刷会社も

印刷通販会社にトレカ製作を依頼すると、トレカの表面をプラスチックでコーティングしてもらえます。これにより、耐久性が飛躍的に高まり、長くきれいな状態が保てます。トレカに印刷する画像は、自宅パソコンで画像ソフトを使ってデータとして作成し、印刷通販会社のフォームに沿ってアップロードしましょう。印刷会社には、少量印刷の依頼はなかなかしにくかったものですが、対面発注でなく、オンライン発注できるようになった現在、少量であることを気にするようなシーンはありません。すべてオンライン処理されるからです。少量注文だと、単価が高くなるだけであり、少量のトレカの料金が料金表に載っていたら、依頼が可能ということです。そうした設定がなされているわけですから、断られるという心配はありません。