トレカ印刷を使うための基礎知識

印刷業者といえば広告やパンフレットの印刷を行ってくれるサービスですが、今はトレカ印刷も扱っているため利用してみるといいでしょう。大手が大量生産するときにも使えるサービスであって、中小企業でも少量生産にも対応しているので使い勝手の良いサービスです。印刷業者を利用するにあたって覚えておくといいのがプリント方法で、これは大きく分けるとオンデマンド印刷とオフセット印刷が用意されています。またカードプリントでは定番の特殊加工も種類が複数あるため注文前に基本的な知識を身につけておくと注文をしやすくなるのです。今回はホログラム特殊加工やプリント方法の基本知識について紹介するので、これからトレーディングカードゲームのプリントをしたい業者の方は見ておきましょう。

オフセットとオンデマンドは何が違うのか

一口に印刷と言ってもオフセット印刷とオンデマンド印刷が用意されています。オンデマンド印刷は中間工程をなくしているものであって必要な枚数をスピーディーに印刷できる、原稿を直接機械に読み込みトナーを吹き付けてトレカ印刷を行うサービスです。メリットは版下を作る必要がまったくないため余計なコストが一切かからない、さらに製版工程もないので納期の短縮を行う事が可能となっています。一方オフセット印刷は主に雑誌やパンフレットの印刷を行うときに利用する手段です。色ごとに版下を作る必要があるので料金は結構掛かりますが、高品質な印刷をする事ができるのが最大のメリットと言えます。コスト削減をしたいならオンデマンド印刷を、品質を重視するのならオフセットでトレカ印刷をするといいでしょう。

特殊加工について知っておくと便利

レアリティの高いカードを作るときにはホログラムや特殊PP貼加工を施して、見た目を普通のカードと違うようにするのがトレーディングカードゲームの特徴と言えるでしょう。トレカ印刷業者では多くの特殊加工を扱っていて、一口に特殊PP貼加工といっても星が施されるスターダストやハート型のホログラムが用意されています。商品により販売価格は違っているのですが、基本的にサイズが大きくなるにつれて販売価格も高く設定されているのです。名刺サイズ程度大きさやポストカードタイプの大きさなら1500円から2000円程度の金額、A2やB3になると7000円や9000円くらいはかかります。トレーディングカードゲームサイズなら小さいので安価にプリントしてもらう事ができるでしょう。