トレカ印刷について知っておきたい基礎知識

トレカはアイドルや野球選手・サッカー選手などのカードが知られていますが、オリジナルのキャラクターや動物や景色などアイディア次第で世界を広げることができる楽しいアイテムです。自分のお気に入りのトレカをつくり特別なアイテムとして作成することもできますし、企業の企画やイベントの記念品など様々な用途があります。ファングッズとしてもメジャーな品物で、ユーザーはコレクションする楽しみを味わえますし、販売側にも購買意欲を促進しやすく重宝されています。しかし、実際にトレカを作成するためにはどのような手順が必要なのか初めての方には分かりにくいものです。ユーザーやファンの意欲を刺激して、有効に活用するためにも、トレカ印刷について知っておきたい基礎知識をご紹介していきます。

トレカ作成のサイズや加工について

トレカ印刷の際に重要なことは、サイズと加工方法です。スタンダードサイズは(63×88)スタンダードスモールサイズは(86×59)と設定している印刷業者が一般的なようですが、好みでサイズを調整することも可能とする印刷業者もあります。業者のオリジナルサイズをいくつか提供している場合もあるので、用途に合わせて調整しましょう。トレカはコレクションすることができるようにすべてのカードのサイズは揃えるようするほうが、収集意欲を盛り上げますし、オリジナルケースやアルバムなど新しいアイテムの作成にもつながります。カードの角を丸くしたり、ホログラム印刷に対応する業者もあります。ホログラム印刷は、氷を割ったように見える不規則な形や、星やハートを散らしたように見える加工などバラエティ豊かなトレカ印刷もあります。

小ロット印刷はどのくらいからが一般的なのか

個人的な楽しみやイベントでも利用することも多いトレカは小ロットから受注することができます。100枚からトレカ印刷可能な企業が多いですが、50枚から発注OKの企業もあります。多くはありませんがそれ以下の小ロットでも可能な印刷業者もあるので、まずは希望の枚数を決めてから、それに近い数で受注可能な印刷会社を探すといいでしょう。トレカは個人的な楽しみで作成することも少なくはないので、無理をして多くの枚数を想定する必要はありません。数量が多いほうが割引もあったり、特殊な加工を引き受けてくれる場合もありますが、小ロット歓迎の企業もあるので必要だと思う数量で作成しましょう。また、価格もホームページで明示しているところが多いので、難しい調査をすることなくトレカ作成をすることができます。