トレカ印刷における基礎知識の数々

トレカ印刷、即ちトレーディングカードの印刷は、自前でもおこなえます。仕上がりは市販品のようなわけにはいきませんが、初心者でもできないことはありません。パソコンとプリンターがあれば、可能です。トレカの画像は、パソコンの画像編集ソフトで作成しても大丈夫ですが、ラベル作成用ソフトを使うと更に便利です。印刷する紙には、名刺用紙が利用できます。名刺サイズのラミネートシートも通販で購入しておきましょう。プリンターで名刺用紙に印刷し、ラミネートシートを貼ってはさみやカッターで周辺部を整えれば完成です。ラミネーターやコーナーパンチがあれば、更にきれいに仕上がります。ただ、そうした機器を新たにそろえる費用や手間暇、仕上がりを考えたら、プロに依頼するほうがお得です。

トレカ印刷は印刷通販会社に依頼できる

オリジナルのトレカ印刷は、今や数枚であっても、印刷通販会社に依頼できるようになっています。トレカ印刷は、自分でもおこなえますが、プリンターを新たに購入してまで取り組むとしたら、印刷会社を利用したほうがかえって安く済みます。プリンターを既に持っていても、名刺用紙を印刷するのに苦労したり、詰まったり、ずれたりということは日常茶飯事です。ラミネートシートを貼る際に、よれたり、気泡が入ったりすることもあります。ラミネーターやコーナーパンチを新たに購入したくなるほど、きれいな仕上がりを望むとしたら、印刷通販会社に依頼するのが得策です。印刷通販会社には、オンラインで注文できます。やり取りはすべてオンラインで完結しますので、少量でも個人でも、気兼ねなく依頼できます。

費用対効果の面からもプロに依頼

トレカをきれいに仕上げるには、ある程度の慣れと機器が必要になります。慣れるまでの過程が楽しめる、あるいは少なくとも苦にならないなら別ですが、面倒と感じている場合は、最終的に、プロに依頼したくなる傾向があります。印刷会社に頼むと非常に高額になるというわけではなく、材料や機器をそろえる費用や自作する手間暇を考えたら、かえって安く済む面もありますから、なおさらでしょう。何よりも、仕上がりが違います。市販品と同じように仕上がりますから、仕上がりにこだわる場合は、印刷通販会社を利用するのが得策です。自分のパソコンで作成した画像を、瞬時に劣化なく転送できますので、手軽に注文でき、期間もそれほど要しません。ただ、納期に余裕が持てるほど、料金は安くなります。